HOKKAIDO BARBARIANS R. F. C. 特定非営利活動法人(NPO)北海道バーバリアンズ ラグビーフットボールクラブ
トップページ 概要 クラブ情報 日程 試合結果 メンバー リンク 掲示板 写真集
クラブ情報
2010年
2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年
20089年クラブ情報

・スポーツライターの藤島大氏のコラムで、当クラブが紹介されました
・「宮崎を元気にする!復興ラグビー祭」、2011年3月開催へ
・東海大学発行のフリーペーパーで、当クラブの活動が取り上げられました。
・市民スポーツボランティア組織「SV2004」で、当クラブの活動が紹介されました。
・NTTドコモレッドハリケーンズ ”の夏季合宿が、バーバリアンズ定山渓グラウンドで実施されました。
・日本協会の“ パートナークラブ ”に認定
・バーバリアンズのテレビ番組がスタートしました!
・定山渓グラウンドを拠点とした北海道協会札幌支部主催の“サッポロラグビーアカデミー”が始まりました。
・メンバーの池田哲平氏より。〜口蹄疫の現状と、お願い〜
・ゴミ拾い&植樹イベントが開催されました。
・サマンサ・ラッセルが、“女子日本代表強化指定選手”に選出されました。
・2009年度のクラブ納会が開催されました。
・U-15北海道代表セレクション合宿が開催されました。
・北海道バーバリアンズの取り組みが全国紙で紹介されました。
・「JKコーチ特別講習会」が開催されました
・定山渓スノーファンタジーが開催されました。


・スポーツライターの藤島大氏のコラムで、当クラブが紹介されました

ラグビー用品のスズキスポーツの公式ホームページで連載されているスポーツライター藤島大氏のコラムで、当クラブが紹介されました。

《コラム「友情と尊敬」》
http://www.suzukirugby.com/column/index.html


前のページに戻る ページのトップに戻る



・「宮崎を元気にする!復興ラグビー祭」、2011年3月開催へ

家畜の病気・口蹄疫で国内最大の被害を出した「ラグビーのまち」宮崎県川南町で2011年3月、「宮崎を元気にする! 復興ラグビー祭」が開かれることになった。地元の川南ラグビークラブ(林健太郎代表)と交流がある全国のクラブチームが復興を支援するため募金を集め、住民とラガーたちを元気づけようと宮崎へ遠征する。
宮崎県川南町の内野宮正英町長と川南クラブの河野龍司監督、日本ラグビー協会の真下昇副会長・専務理事、奥村敏明・日本協会事業委員会クラブ大会部門長らが10月1日、東京都港区の日本協会で記者会見して発表した。

《詳細はこちら東日本トップクラブ公式ホームページをご覧ください》
http://www.rugby.or.jp/scripts/rugby/topclub/blog.cgi/permalink/20101002233854

 
     
前のページに戻る ページのトップに戻る



・東海大学発行のフリーペーパーで、当クラブの活動が取り上げられました。

東海大学の地域連携研究グループ(国際文化学部吉村研究室)の学生たちの取材・編集により、実験的に発行されている地域フリーペーパー「SAN(South Area Network)」に、当クラブの定山渓グラウンドにおける取組みが取り上げられました。

●SAN 2010年秋号 PDF資料

前のページに戻る ページのトップに戻る



・市民スポーツボランティア組織「SV2004」で、当クラブの活動が紹介されました。

スポーツを通じて、まちが、人が楽しく元気になるよう活動する、市民スポーツボランティア組織「SV2004」の代表理事泉田和雄氏が、9月22日に仙台から定山渓グラウンドを視察に訪れてくれました。その際の報告書が、「考えられた歩み」と題して紹介されました。

●考えられた歩み PDF資料

前のページに戻る ページのトップに戻る



・“NTTドコモレッドハリケーンズ ”の夏季合宿が、
  バーバリアンズ定山渓グラウンドで実施されました。

〜“ 定山渓スポーツパークタウン ”実現へ着々〜

◆日 程            8月2日(月)〜6日(金)
◆宿泊先            ホテルミリオーネ( 約70名が宿泊)
◆バーバリアンズ側の支援   ・ グラウンド2面、クラブハウスの無料貸出し
               ・ 練習道具の無料貸出し
               ・ レセプション( 合宿打上げ )バーベキュー開催・・・クラブメンバーが裏方として支援

《NTTドコモレッドハリケーンズの公式ブログでも紹介されています》
http://redhurricanes.mo-blog.jp/blog/2010/08/in_639f.html

NTTドコモ合宿風景 NTTドコモ合宿風景 NTTドコモ合宿打ち上げBBQ
前のページに戻る ページのトップに戻る



・日本協会の“ パートナークラブ ”に認定

日本ラグビー協会は、2016年のオリンピック正式採用、そして2019年のワールドカップ日本開催に向け2010年4月に「JRFU戦略計画2010-2019」を発表しました。その中で「日本ラグビーの国際力を高める」ことを掲げており、そのため「7人制・女子の強化推進」及び、「ラグビーファミリーを増大させる」ことを目的として、一定の条件を満たし、地域に於ける7人制ラグビーの普及・強化に協力可能なクラブチームを“ パートナークラブ ”として認定することとし、当クラブが2010年7月14日に北海道ブロック代表として認定されました。パートナークラブのミッションは、日本協会・地域協会及び都道府県協会との協力体制のもと、選手の発掘・強化の拠点となることです。

「セブンズブロックアカデミー」パートナークラブ認定クラブ
北海道ブロック 北海道バーバリアンズRFC
東北ブロック 岩手県:釜石シーウェイブスRFC
秋田県:秋田ノーザンブレッツRFC
関東ブロック 茨城県 :流通経済大学/ドラゴンズラグビークラブ
神奈川県:タマリバクラブ
近畿ブロック 兵庫県:SCIXラグビークラブ
兵庫県:六甲クラブ
中国ブッロク 岡山県:岡山RFC
九州ブロック 宮崎県:川南RFC
日本代表太田GMより、田尻クラブキャプテンへパートナークラブ認定プラークが授与されました。( 2010年8月8日 )
前のページに戻る ページのトップに戻る



・バーバリアンズのテレビ番組がスタートしました!

前のページに戻る ページのトップに戻る



・定山渓グラウンドを拠点とした北海道協会札幌支部主催の
 “サッポロラグビーアカデミー ”が始まりました。

【第1回 サッポロラグビーアカデミー実施報告】

平成22年5月15日(土)14時〜16時30分で、定山渓バーバリアンズグランドで行いました。
第1回の対象は、少人数で活動している大学チームであり、道東海大と札幌医大の総勢20名が参加しました。

理事長の挨拶の後 記念撮影。
如澤コーチがウォーミングアップをリードし、その後ジェイミーヘッドコーチによるアカデミートレーニングが開始しました。

ベーシックスキルのドリルを2種類と、ボールゲームを通してパスやキャッチングの基本と注意点をしっかり学んでくれました。
ドリルとゲームを繰り替えし行った結果、短時間でしたがスキルの上達が目にとるようにわかりました。

コンタクト練習では、タックルの基本ドリルから実際のタックルとボールキャリアーのあたり方や、ダウンボールの際の身体の使い方を段階を踏んで進めました。

最後のラックタッチは練習内容のおさらいであり、練習した内容が活かされる場面が多数あり、選手達のスキルの上達が十分にみられました。 

普段は少ない人数で活動するチーム同士でしたが、よく声もでて活気のある練習を楽しんでいたようでした。

全体練習が終わった後も、遅くまでスクラムやゴールキックなどの専門的スキルについて専門コーチから伝達することができました。

アカデミーとして初の事業でしたが、大変有意義に活動できたと感じております。

アカデミーコーディネーター 長谷川竜介

【 参加スタッフ 】
門脇 覚  支部理事長
津軽  北海道協会強化委員長
ジェイミーコベントリー  ヘッドコーチ
小野田 保  コーチ
如澤 英也  コーチ
本間 俊一  医師
サポート 紺野 将広(JR北海道)

第1回参加メンバー スタッフ挨拶 ジェイミーHCの熱血指導
長谷川コーディネーター自らが土台に コンタクト基本練習 個人毎に適切なアドバイス
   
最後に今後の課題を    
前のページに戻る ページのトップに戻る



・メンバーの池田哲平氏より。〜口蹄疫の現状と、お願い〜


前のページに戻る ページのトップに戻る



・ゴミ拾い&植樹イベントが開催されました。

5月9日(日) に、定山渓連合町内会と観光協会との共催行事である毎年恒例の町内清掃と桜の苗木の植樹イベントを行い、今年は昨年の200名を上回る総勢約400名もの方々に参加頂きました。

クラブメンバーは、日々お世話になっている感謝の気持ちを込めて、二見公園とグラウンド周辺のゴミ拾いを丁寧に行いました。今年から当クラブの支援企業である農林中央金庫様約40名が参加くださり、担当となった源泉公園は皆さんの頑張りで落ち葉一つ無い見違える公園となりました。その後の植樹祭では、真鍋造園さん指導のもと、50本の苗木を植えました。

今年は植樹の後に、参加者の皆さんにラグビーの楽しさを知ってもらおうと、「ラグビーボールで遊ぼう!」を企画しました。ラグビーボールに触れたことのない子供や大人たちが芝生のグラウンドでボールと戯れ、笑顔いっぱいの姿は、グラウンドが愛され始めていると実感できる圧巻の絵となりました。最後に、今年も参加者全員に観光協会青年部から大量の豚汁とおにぎり、そして日帰り入浴券の提供を頂きました。

今年も沢山の皆さんに支えられ無事イベントを終了することが出来ました。この場を借りまして御礼を申し上げます。今後も定山渓エリアの活性化のために、私たちの出来る範囲で協力をし、地域の皆さんに必要とされ、愛されるクラブを目指していきます。

二見公園を掃除 集まったゴミ 植樹祭開会式
植樹祭作業1 植樹祭作業2 ラグビーボールで遊ぼう!
 
観光協会青年部による炊き出し 美味しいよ〜  
前のページに戻る ページのトップに戻る



・サマンサ・ラッセルが、“女子日本代表強化指定選手”に選出されました。

3月28日(日)に東京辰巳の森公園ラグビー場で、女子ラグビーの日本代表選手のトライアウトが開催され、当クラブからはサマンサ・ラッセル、佐藤菜美、伊藤愛菜の3名が参加しました。寒い風が吹き荒れるコンディションでしたが、盛況なトライアウトでした。
この企画は、(財)日本ラグビーフットボール協会の傘下にある日本女子ラグビーフットボール連盟が開催したもので、本年度は過日14日に続いて2回目の開催になります。サマンサ、佐藤は19歳以上の代表に、伊藤は15歳以下のユースの部のトライアルに参加しました。
内容は、ラグビーのプレーに求められる基礎体力や基本動作を確認するテストが主体で、最後には面接もありました。
今回の参加者は約120名と、前回と併せて200名超の全国の女性がチャレンジしました。全国の競技人口が350人程度とのことで、かなりの反響があったようです。また報道陣も日本テレビとフジテレビが来ており、サマンサがインタビューされました。現在7人制で遠征中の日本代表メンバーを除いた代表選手も同メニューに参加しましたが、さすがにパスやハンドリング等では未経験者を含むトライアウト参加者と比べると差が歴然としていました。そんな中、サマンサは代表選手に負けない結果を出していましたが、コンタクトやタックルのないメニューに終始した内容に、ちょっと物足りない様子でした。選考されると即、4月の大阪の強化合宿に招聘されるそうです。

その後の結果発表で、サマンサ・ラッセルが見事「強化指定選手(在日3年に満たないため)」に選出されました。
http://www.rugby-japan.jp/japan/women/2010/id8132.html

総勢120名 トライアウトに参加した3名 強化指定選手に選出されたサマンサ・ラッセル
テスト中 トライアウトメニュー サマンサTV取材
前のページに戻る ページのトップに戻る



・2009年度のクラブ納会が開催されました。

3月27日(土)16時より、定山渓温泉の倶楽部「錦渓」で、2009年度のバーバリアンズ全体納会が開催されました。
会には、ラグビーのジュニア、シニアメンバー、クリケットメンバーの総勢約130名が参加し、地元からは定山渓連合町内会中西会長・石井総務部長、定山渓観光協会上野会長、定山渓まちづくりセンター三上所長らが参加してくれました。
会に先立ち、大塚製薬(株)坂井様による「水分補給セミナー」が行われ、子供たち・コーチ陣も興味深く聞き入っていました。
佐藤ジュニア代表挨拶の後は、食事を取りながら各チームの年間MVP選手の表彰、ラッフルズ(景品くじ)、そしてジュニアチームを卒業生するメンバーの証書授与式などが盛大に行なわれました。

大塚製薬セミナー MVP選出風景 MVPスピーチ
 
卒業メンバーへの証書授与式    
前のページに戻る ページのトップに戻る



・U-15北海道代表セレクション合宿が開催されました。

2月13日(土)・14日(日)に札幌学院大学体育館(人工芝)において、北海道ラグビーフットボール協会主催のU-15北海道代表セレクション合宿が開催されました。
当クラブは、北海道協会普及育成委員会からの要請を受け、特別コーチとしてジェイミー・コベントリーコーチを、また安全対策の講師としてヘッドトレーナーである横山トレーナーを派遣しました。
ジュニアメンバーからは、中学2年生の秋本庸介くんと乾拓朗くんが代表候補選手として参加しました。
コーチングにおいては昼の部:実技と夜の部:講義の二部制で基本スキルや戦術が、安全対策においては「安全に取り組む為に」というテーマで講義が行われました。
ジュニアメンバーの2選手におきましては、秋本庸介くんは25mタイム測定で参加選手中No.1、ゲームにおいても持ち前のスピードでDFをかわし2トライを上げ、乾拓朗くんも昨年度に続く2度目の選抜メンバーらしく、全ての面で高いパフォーマンスを披露しました。
来週には最終代表メンバーが発表され、来月20日(土)・21日(日)に茨城県水戸市で開催される東日本スクール選抜大会に出場することになります。

前のページに戻る ページのトップに戻る



・北海道バーバリアンズの取り組みが全国紙で紹介されました。

当クラブの取り組みが、各紙全国版で紹介されました。

日本経済新聞(全国版) 2009年11月23日掲載
「街かど人物館 ノーサイド精神 クラブハウス、交流拠点に」

日経流通新聞【MJ】(全国版) 2010年2月1日掲載
「札幌市 ラグビー軸、住民も歓声」
前のページに戻る ページのトップに戻る



・「JKコーチ特別講習会」が開催されました。

2010年1月30日(土)に、現日本代表監督ジョン・カーワン氏をはじめ、JAPANチームのコーチングスタッフの方々が来札され、監督・コーチを対象とした「コーチ講習会」が下記のとおり開催されました。現役日本トップのコーチから直接コーチングについて講習を受ける機会を得られました。参加者は、尊敬と憧れの視線を送りながら、メモを取りビデオを撮りながら一つでも多くのことを吸収しようと真剣に受講しました。バーバリアンズからは、平島GM、西尾コーチ、ジェイミー、ローガン、辻、秋本ジュニアコーチ、乗木、長谷川コーチ(敬称略)ら8名が参加しました。
講習会後の懇親会は、ブライアンブルー本店でプロジェクターを使い、秋廣コーチがコーチ論を楽しくプレゼンしてくださるなど 1日間でしたが大変中身の濃い講習会となりました。

日  時 平成22年1月30日(土)10時〜16時
場  所 北翔大学「北方圏生涯スポーツ研究センターSPOR」
講  師 太田 治(日本代表ゼネラルマネージャー)
ジョン・カーワン氏(日本代表監督)
マイケル・バーン氏(日本代表コーチ・NZ代表コーチ)
グラント・ドゥーリー氏(日本代表コーチ)
香川淳一氏(コーチングコーディネーター、通訳)
秋廣秀一氏(元日本代表戦略分析担当コーチ)
講習内容 1)ラグビーにおけるベーシックスキル   
1)パス、ボールキャリア、タックル
2)スクラム、ラインアウト
3)キック、ライン

前のページに戻る ページのトップに戻る



・定山渓スノーファンタジーが開催されました。

1月9日(土)・10日(日)の両日、定山渓観光協会主催・バーバリアンズ協力の「定山渓スノーファンタジー」が、バーバリアンズグラウンドと三笠スキー場を会場として開催されました。当日は天候にも恵まれ、約2,100人の来場者があり、当クラブは会場提供の他に運営スタッフとしても参加し、観光協会・連合町内会の方々と一緒に“雪と遊ぶイベント”のお手伝いをさせて頂きました。

バーバリアンズグラウンドでは、スノーモービルでゴムボートを引っ張るスピード感いっぱいの「スノーラティング」が行われ、多くの家族連れが行列を作り楽しみました。また、パークゴルフ場のあずまやは雪のブロックで壁が作られ、「アイスカフェ」に様変わり。中では、ホットカルピスやコーヒー、お酒などが販売されました。暖炉のあるクラブハウスは、「スノーウォーキング」の受付と焼き芋(暖炉で焼きました)やドリンクなどを提供する休憩所として開放され、雰囲気いっぱいの暖炉には子供たちも興味深々の様子でした。暖炉やストーブを囲んでは、参加者や地元スタッフとバーバリアンズメンバーとの交流も図られ、無料で開放しているグラウンドやクラブハウスの今後の活用案などで盛り上がりました。

今後も観光協会をはじめとする、地元各団体と連携を強化し、定山渓地区の活性化のお手伝いをさせて頂きたいと考えています。
 
前のページに戻る ページのトップに戻る

特定非営利活動法人(NPO)北海道バーバリアンズラグビーフットボールクラブ 事務局
〒060-0010 札幌市中央区北10条西24丁目3番地AKKビル6F  TEL 011-631-3125 FAX 011-631-0808
お問い合わせ
Copyright (C) 2007 Hokkaido Barbarians R. F. C. All rights reserved.