HOKKAIDO BARBARIANS R. F. C. 特定非営利活動法人(NPO)北海道バーバリアンズ ラグビーフットボールクラブ
トップページ 概要 クラブ情報 日程 試合結果 メンバー リンク 掲示板 写真集
概要
北海道バーバリアンズの概要
●法人名 特定非営利活動法人 北海道バーバリアンズラグビーアンドスポーツクラブ
●代表者 クラブ・キャプテン 上坂 弘文
●設立 1975年 5月 5日
●認証 1999年 6月21日
●登録会員 209名( U35:74名 Over35:57名 U19:16名 中学生:11名 小学生:41名 幼児:10名 )
前のページに戻る ページのトップに戻る
北海道バーバリアンズの理念
すべてに対して正直たれ
クラブ運営、グランド上のプレー、すべてにおいて胸を張れるようになろう。自分の行動に自信を持てるか?誰にも嘘をついてないで正直に生きているか?勝てばすべてOKではない、子供たちに自信を持って見せられるプレー・活動を!すべての言動に責任を持とう!
クラブ倫理

楽しまなきゃ
すべての活動はクラブメンバーが楽しまなければ意味が無く、クラブの存在意義、今後の存続も無い。みんなが楽しめる心遣い・気配り・環境づくりに徹しよう。
メンバー満足度

夢を追い続けろ
今のバーバリアンズがあるのは、先人たちの夢を追い続け、それを具現化するエネルギーがあってのこと。メンバーみんながすべてにおいて、「 自ら考え、自ら動く 」逞しさを持とう。
自立・発展

地域に密着しよう
地域に根ざした活動、スポーツの普及・振興のために全力を尽くそう。そして北海道という地域に誇りをもって活動しよう。
存在意義・地域貢献
前のページに戻る ページのトップに戻る
各種資料
前のページに戻る ページのトップに戻る
北海道バーバリアンズの足跡
we have a dream


  1975年/高校の授業でボールに触ったことがある、というだけで集まった5人の若者がラグビーを始めた。未経験者が大半のチームながら、体力と情熱はどのチームにも負けず、やがて徐々に力を付けていった。

1983年/転機が訪れる。ニュージーランドからやってきた留学生マーク・イーリがチームに加入し、チームの体制から試合に臨む姿勢まで、本場のラグビーを教えてくれた。

1987年/ラグビー・ワールドカップが開催されたニュージーランドを訪れたメンバーは驚いた。子供から老人までがボールを追い、暮らしの中にラグビーが溶け込んでいた。これがオールブラックスの強さの原点だった。

1995年/創立から20年を経たチームは初のニュージーランド遠征を行う。数名のメンバーから聞いていたニュージーランドのクラブの姿をチーム全員が目の当たりにする事となった。街中の公園や広場には緑が広がり、あちこちに白いゴールポストが立っていた。そして、子供たちが裸足で走り回り、犬を連れた老人が彼らを目で追う。大人たちのチームでは若者から壮年のプレーヤーまでが一緒にプレイを楽しみ、ノーサイドを迎えた後はクラブハウスで肩をたたきビールを飲みながら談笑する。メンバー全員がショックを受けた。そしてメンバーにとって「バーバリアンズの夢」となった。
dreams come true
メンバーにとってニュージーランドで見た光景は夢となって残り、それを実現するためにチームは進化を始めた。

1999年/バーバリアンズはスポーツ団体として日本初のNPO(特定非営利活動)法人認証を受けた。チームの強化だけでなく、地域に密着した生涯スポーツの振興、交流、ボランティア活動の実践なども目標にすえた。

2002年/ジュニアチームを発足、そして翌年にはU-19(高校生)チームもスタートし、ラグビーを通じてスポーツの楽しさを伝える活動を広げた。この間、トップ(1軍)チームは着実に力を付け、道内ナンバーワンの地位に定着し、東日本クラブ選手権でも決勝戦の常連となり、全国クラブ大会でも2年連続の準優勝を勝ち取った。チームからクラブへと確実に前進してきた。

2007年/バーバリアンズはとうとう「夢」を実現した。クラブ活動を実現する場としてNTT東日本株式会社から札幌総合運動場(南区定山渓)をホームグラウンドとして取得した。

2008年/定山渓グラウンドを中心として、地域住民と一体となった“総合型地域スポーツクラブ”への第一歩を歩み始める。
 

前のページに戻る ページのトップに戻る
北海道バーバリアンズのトレーニング環境
練習場(天然芝)
 ・定山渓グランド・札幌医大グランド
専用筋力トレーニング場(北17条)
帯同スポーツトレーナー
 ・横山鍼灸治療院院長:横山氏 他
コーチングボードに分析班を設置
 ・分析ツールの活用(フィットネスアポロ社)
冬期の練習場の確保 
 ・サッカー協会の協力:室内人工芝練習場の使用
  (札幌サッカーアミューズメントパーク内)
 ・ 野幌総合運動公園管理事務所の協力:体育館の優先使用
  ( 競技コート50.0×34.0m、天井高12.7m〜15.3m )


前のページに戻る ページのトップに戻る
特定非営利活動法人(NPO)北海道バーバリアンズラグビーフットボールクラブ 事務局
〒060-0010 札幌市中央区北10条西24丁目3番地AKKビル6F  TEL 011-631-3125 FAX 011-631-0808
お問い合わせ
Copyright (C) 2007 Hokkaido Barbarians R. F. C. All rights reserved.